内航海運をバックアップする海運ポータルサイト

会社方針

■代表挨拶■

 

弊社は昭和35年に先代が199G/Tタンカー船を建造してして以来、
主に石油製品等の国内海上輸送に従事してまいりました。
お陰様をもちまして社船も徐々に大型化を図り、
現在、6,000〜3,000K/L油送船を4隻保有し、荷主殿・オペレーター殿に
更なる安定したサービスをご提供出来ることとなりました。
今後とも社会に貢献し、皆様に喜ばれる企業たるべく
“信頼される船舶”をご提供出来ますよう邁進致しますので、
なお一層のご理解、ご支援を賜りますようお願いし、
ご挨拶とさせて頂きます。

 

                    代表取締役 山本宗宏

 

 

■山本汽船グループ企業理念■

 

1.私達は、船舶による貨物の海上輸送を通じて社会に貢献します。

 

2.私達は、自己の成長と会社の利益向上の為に、
  積極的な努力を続けます。

 

3.私達は、自分たちの生活の安定と向上の為に、
  誠実な心を大事にします。

 

 

 

■環境と安全への取り組み■

 

当社は、船舶の安全運航および海洋環境保護をより確実なものにするため、2001年9月にISMコード(船舶の安全航行及び海洋汚染防止のための国際管理コード)の認証を取得しました。
当社は以下の基本方針を定め、海陸一体となってその実現に取り組んでいます。

 

−基本方針−

 

船舶を運航するに当たり、安全を確保し、
健康を守り、かつ環境を保全することが
会社の果たすべき社会的責務であるという認識のもと、
船舶・船員の高品質化を図り、
国際水準への向上維持に向けてあくなき追求をする

 

 

会社沿革

■会 社 沿 革■

 

昭和33年 4月 山本禎保個人経営として海運業を創立。
          まつ丸(199G/T油送船)建造
昭和34年 4月 宝山丸(199G/T油送船)建造
昭和39年 8月 第八松丸(499G/T油送船)建造

 

昭和41年 5月 資本金10,000千円で山本汽船株式会社を設立
昭和42年10月 資本金を15,000千円に増資
昭和42年12月 松保丸(999G/T貨物船)建造
昭和43年 5月 資本金を20,000千円に増資
昭和43年 6月 英山丸(699G/T油送船)建造
昭和44年 8月 和光丸(2,999G/T近海貨物船)建造
昭和44年 9月 愛媛商船鰍フ全株式を取得、
          山本汽船グループに参加
昭和45年 5月 山本汽船鰍フ新社屋落成、
          松山市会津町4番1号に移転
昭和45年 6月 資本金6,000千円で山本商事株式会社を創立
昭和47年 1月 第十六英山丸(499G/T油送船)建造
昭和48年 5月 第二十六英山丸(999G/T油送船)建造
昭和48年10月 第七神宝丸(277G/T油送船)購入

 

昭和51年10月 第五十六英山丸(699G/T油送船)建造
昭和53年 4月 商船ビル(鉄筋7階建)を古三津5丁目に新築
昭和53年11月 第七十六英山丸(2,969G/T油送船)建造
昭和54年11月 第32博晴丸(999G/T LPG船)建造
昭和55年12月 大洋丸(499G/T貨物船)購入
昭和58年 8月 シルバーソーレル(25,000D/W撒積貨物船)建造
昭和62年11月 日寿丸(499G/T貨物船)建造

 

平成 1年 3月 第八十六英山丸(1,599G/T油送船)建造
平成 5年 2月 第二十二英山丸(2,976G/T油送船)建造
平成 5年 5月 第三十二英山丸(2,972G/T油送船)建造
平成 6年12月 第八宗像丸(1,599G/T油送船)購入。
平成 8年 2月 第五十二宗嵩丸(1,598G/T油送船)建造

 

平成11年 6月 代表取締役社長に山本宗宏就任
平成12年 9月 山本汽船鰍ナDOC(安全管理システム:ISMコード)取得
平成12年10月 第二十二英山丸がSMC(ISMコード)を取得
平成12年11月 第六十二英山丸(3,520G/T油送船)建造
平成13年 9月 第三十二英山丸がSMC取得、これをもって
          全船ISMコード適合船となる
平成16年 8月 北伸丸(1,992G/T濃硫酸タンカー)建造
平成21年 3月 第七十二英山丸(3,495G/T油送船)建造
平成22年12月 第八十二英山丸(3,811G/T油送船)建造
平成26年09月第十八英山丸(3,508G/T輸送船)建造

会社沿革関連ページ

求人情報

今週の注目企業

企業広告